ある仮想的な人物が、理論的に無知であるにもかかわらず、独力で物理理論の構築に成功したとする。そのとき彼は、どのような思考経路をたどったのだろうか。